化粧水の効果について

洗顔後に最初につけるのは化粧水です。化粧水は肌の保湿とキメを整える効果が期待できます。

おすすめの化粧水情報が探せます。

特に洗顔後は汚れて落ちる以外に保湿に必要な成分や油分なども落ちているため、化粧水で水分、保湿成分などを補うことが必要で、これによりその後につける乳液などが肌に浸透しやすい状態にする効果もあります。

洗顔後に水分を補給するのであれば水をつければ良いイメージがありますが水だけでは肌表面がぬれるだけです。

化粧水には水が約7〜8割を占めていますが、肌の保湿のためのギリセリンなどの成分や肌の表面に留まって水分の蒸発を防ぐヒアルロン酸やコラーゲンなども配合されているタイプもあり、肌に馴染みやすくなるよう工夫されているのです。

効果的な使い方は、手のひらを使う場合とコットンに染み込ませて使う場合があります。

朝日新聞デジタルの情報はココで集まります。

手のひらを使う場合、手の温もりで自然に毛穴を開いて浸透しやすくなりますが、ムラがあり十分に浸透しない場合が考えられます。
コットンは優しく使ったとしても手のひらでつけるよりも肌への刺激はありますが、ムラなくつけることはできます。

コットンに染み込ませて使う場合は、たっぷりと染み込ませて使います。



手のひらやコットンでつける場合などどちらでも好みの方法で良いですが、大切なことは洗顔後すぐに肌に化粧水をつけることが重要なポイントです。
優しくおさえながらしっくりと成分を肌に馴染ませることがポイントです。
特に目元など乾燥が気になる部分には、コットンにたっぷり染み込ませて5分程度のせておくのも良い方法です。