化粧水の使い分けと使い方を見直してより効果的に

毎日使う化粧水、なんとなくつけているだけではその効果を十分に発揮できていません。

使い方次第で肌の状態は大きく変わるのです。


効果を最大限に引き出すために「使い分け」と「使い方」に注意しましょう。
・肌状態によって使い分けしよう化粧水には、一般的な「保湿用」以外にも「美白用」や、キメを整える「収斂化粧水」などがあります。

美白化粧水情報を調べるならこのサイトです。

基本的に肌の状態を整えるために保湿用は持っておきましょう。さらに、目的に応じて使い分けをするとより効果的です。

Yahoo!ニュースの様々な情報を掲載しています。

・効果的な使い方は「手」を使うことコットンを使ってのパッティングは場合によっては肌にダメージを与えている可能性があります。
パッティング後にコットンの毛羽立ちや肌の赤みを感じる人は要注意。

コットンの繊維で肌に無数の小さな傷をつけています。コットンを使用する際には化粧水をたっぷり含ませてあまりトントン叩かず、肌に押し込むようにしましょう。


肌にダメージを与えないようにするには「手」で「優しく」が基本。

手のひらでじんわりと温めた後に、こすったり叩いたりせず、肌に押し込むようにつけましょう。
手の温かさで毛穴が開いて浸透しやすくなるので、押し込んでゆっくり離すだけでも十分肌内部に浸透させることができます。



そして、押し込んで離すを繰り返すうちに肌が手に吸い付くような感覚になります。

この感覚が化粧水が肌内部まで浸透した合図。顔全体がしっとり吸い付く感じが出てくるまでゆっくり押し込んで離すを繰り返したら完了です。